防災用品としてのウォーターサーバー

災害時を経験した声に、買い置きのミネラルウォーターが役立ったということにくわえ、ウォーターサーバーに設置されていた水や換えのボトルがあったことでかなり助かったという声がありました。


<災害時でのウォーターサーバー>

災害時は一時的に水や電気の供給が止まることがほとんどです。
それまでは給水車などで対応するように行政も頑張りますが、子供などがいる家庭では「飲み水」にも困ることとなります。
そういったときにウォーターサーバーを設置していた家庭では、かなりそれによって助かったという声も聞かれました。
タイミングとして取り替え用として何本もあった家では、給水車の水よりも衛生的ではないかとも考えられたようです。
たしかに通電していることで水の衛生が保てるようになっているシステムですので、通電していないウォーターサーバーの水にも問題もあります。
しかし緊急のケースでもあり、ウォーターサーバーの水に火を通すなどの工夫をしながら使用し、かなり意義があったには確かです。


<常に何本か取り置きがある状態>

全く取り置きが無くなってから注文するというのも平常時では場所も取らずベストですが、万が一に備え、常に2本ほど取り置きがある状態にしていくのもオススメです。
過去の災害時においては、50%が復旧するのに1週間前後は要しています。
90%ともなれば、1ヶ月前後はかかっていますので、その間は給水車による支給となり、不便を強いられます。

Category(s): ウォーターサーバーや水について

Comments are closed.