緊急時に活躍するウォーターサーバー

阪神淡路大震災や東関東大地震等が発生すると、水道・ガス・電気等のライフラインが寸断されて生活の危機に見舞われます。特に、飲み水の欠乏は生命の危険に晒され、どんなことをしても水の確保を目指すことになりますが、少々水質の悪い水でも飲まざるを得ない状況に追い込まれることがあります。そんな時に、ウォーターサーバーがあると、備蓄している新鮮でおいしい水が確保できているので安心できます。大震災が続いている昨今は、震災時の教訓から緊急時の対応として、一週間程度の孤立生活に耐えられるように、緊急避難用の飲み水や軽食のストックをするように、広報などで盛んに呼びかけが行われています。自治体によっては、緊急災害用飲食袋などが配布されるところもあります、しかし、賞味期限などの制約があり、何時でも新鮮な食べ物や飲み物の確保は難しくなります。


<ウォーターサーバーで新鮮な水>

ウォーターサーバーがあると、常に業者によって新鮮なウォーターボトルが宅配されるので、何時災害が来ても人間にとって一番重要な新鮮で健康的な水が得られるので、水の心配はなくなります。地震国であり噴火国である日本は、何処に住んでいても大災害に見舞われる可能性があり、住む場所によっては地域が孤立する事も否定できません。災害救助対策への即応性がある日本と言えども、5日間程度の孤立に耐えられる準備が欠かせません。首都圏直下型地震や南海トラフ異常で発生する可能性のある大地震など、いつ来てもおかしくない状況にあり、それらの緊急事態に対応するためにも、ウォーターサーバーの設置は検討の価値があります。

Category(s): ウォーターサーバーや水について

Comments are closed.