ウォーターサーバーで使われているRO水とは何か

ウォーターサーバーが広まるにつれて有名になったRO水ですが、原発事故も有名にする一因になりました。これは極めて純水に近い、ほとんど純水と言える水です。ウォーターサーバーは多くの企業がRO水を取り扱っており、容易に利用することができます。


<RO水とは何か>

RO水とはNASAが開発した逆浸透膜を使ったろ過システムでろ過した水のことです。ほとんど純水に近い状態まで水をろ過することができます。放射性物質も取り除くことができるため、原発事故後に注目されました。このろ過方法なら放射性物質や不純物はおろか、あらゆる雑菌や混ざっている物質も除去することができます。ただし注意が必要なのは、ウォーターサーバー側が綺麗で無ければRO水でも雑菌が混ざってしまうことがある点です。日々の掃除や定期的なメンテナンスは不可欠です。


<飲用としてのRO水>

純水なので飲用としても十分な品質を持ちます。小さな子どもに飲ませても大丈夫ですし、飲用や料理にも適しています。ただし、全てのミネラル分まで除去されているためそういった効果は期待できません。RO水にミネラルを添加して販売している会社もあるので、気にされているなら利用する前に確認したほうがよいでしょう。

Category(s): ウォーターサーバーや水について

Comments are closed.